ウィザーズシンフォニー 王道的なシステムと軽妙なノリのDRPG

こんにちは、おたんくです。
今回はウィザーズシンフォニーのファーストインプレッションを書いていきたいと思います。ちなみにswitch版をプレイしています。
ドラマチックダンジョンRPGと謳うこのゲーム、ストーリーを進めていくのはまだまだこれからなんですが、大冒険が待っているようで、進めるのが楽しみです。


奇をてらわない、シンプルなシステム
このゲームは、キャラクターが固定されているDRPGです。従って、キャラメイクは必要ありません。この辺り、いきなり好みが分かれる所かもしれませんね。
ゲームの進行は、街で冒険の準備を整えて、ダンジョンに潜り探索してメインクエストを進める傍ら、サブクエストをこなしていくという、今どきのDRPGとしては王道ともいえる流れになっています。目新しさはないですが、すごく安心してゲームを進めていけますね(^ ^)
主人公一行は、コンダクターという、ダンジョンやら街やらで依頼人の要望を叶える、いわば便利屋のような仕事をしています。だからクエストを受注するのも、無理のない、自然な流れで行われます。ロールプレイを重視する人も納得できるのではないでしょうか。

軽妙な掛け合いが絆を示す
さて、このゲームのシステム面の肝は、キャラクター同士の掛け合いにこだわっている所にあると思っています。
まず、ダンジョンを歩いている時に、しゃべりまくります。黙って歩いている時がないくらいしゃべります。ボイス付きです。というか、ボイスでのみしゃべります。内容は軽い感じで、仲間内の雑談がメインです。
その掛け合いが、とてもバリエーションが多いです。仲間が増えたタイミングや、物語が進行したタイミングでガンガン増えていきます。
これが、とても仲間との絆を感じさせてくれて、良い感じです。キャラクターの性格が深く分かったり、意外な一面を見れたりします。
その反面、戦闘で苦戦した後に全滅しかかっている時も、軽妙な語りが入るので、雰囲気にそぐわないときもあります。この辺は工夫してほしかったなあと思います。

また、ノリは本当に軽いので、古典的?な重厚なファンタジーを求めている人には受け入れられないかもしれませんね。
キャラクター同士の絆を感じさせてくれるシステムは他にもまだまだあります。それが戦闘時のリンクシステムです。
キャラクター同士に好感度が設定されていて、それによってパーティからあぶれたキャラクターもリンクが張られると、バトルにどんどん参戦してきます。これが、単純な攻撃を入れるだけではなく、キャラクターによった個性がでています。例えば、回復系のキャラの場合は、通常の攻撃の他、HPの回復をしてくれたりもします。まあ、あまり頭が良くない行動をしてしまうことも多いので、ここはAIなどでもっと状況に即した行動をしてくれれば良かったかなあと思います(^_^)

ちなみに、パーティメンバー全員のリンクが張られると、強力な全体攻撃を繰り出すことができますよ。これが結構強力で、序盤であれば敵全員をまとめて屠ることができるくらいの威力を出してくれます。

2019033108442300-0F0ECF0A8B61867338B0AF2CD93192B3.jpg

これらのシステムが、仲間との絆を感じさせてくれて、道中が楽しいのはこのゲームの最大の長所なのではないかと思っています。

キャラクターの個性を活かしたスキルシステム
それ以外のシステムとしては、スキルカスタムが挙げられます。こちらは、キャラクターごとにいくつかのスキルが設定されていて、その中から、覚えるスキルを選択していくものです。レベルアップ時や特定のアイテム使用時にもらえる、スキルポイントを割り振って覚えていきます。
このスキルはキャラクター毎に異なるスキルセットから選んでいきますので、キャラクターの個性を殺しません。
恐らくですが、レベルを最大まで上げても、得られるスキルポイントは、全てのスキルを覚えるためには全然足りません。そのため、スキルの選択は悩ましいものがあり、このあたりを楽しめる人にはこのゲームが向いているのではないかと思います。

難易度はちょうどよい
この手のDRPGにしては、難易度はそこまで難しくはありません。序盤は所々に配置されている強敵、エリートモンスターに手を焼きますが、スキルが揃ってくると初見でも充分に渡り合うことができます。
また、全滅してもペナルティがなかったり、ダンジョンの階層ごとにセーブポイントがあったりしますので、シビアなDRPGを求めていると、肩透かしを喰らうかもしれません。
難易度は選べるのですが、ベーシックとハードの二択のみです。気軽にプレイできるゲームだと思うので、イージーがあってもよかったかなと思います。

キャラクターイベントは見たいけど、面倒
ちょっと苦言を呈したいのは、キャラクターイベント回りです。キャラクターの生い立ちや個性を感じさせてくれるイベントが用意されているのですが、これが面倒です。イベントの発生場所が既に攻略したダンジョンに再度潜らされるパターンが多く、「またか」という気分にさせられます。しかもダンジョンのどこでイベントが起きるかわからないので、再び試行錯誤しなくてはなりません。
また、アプデでかなり改善したようですが、全体的に動きがモッサリしています。移動とかはもっと軽快に作れたと思いますので、こういった所のストレスは無くして欲しかったです。

総合的に大満足なDRPG
いろいろ書きましたが、総合的には楽しくプレイできる佳作です。まだまだプレイを続けてエンディングを目指したいと思います(^ ^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です