前回、合わないから、と放置としていたskyrimですが、気分が乗ってきたので開始することにしました。

実はエレコムのゲームパッドを買っていたので、それを試してみたくなったというのが理由の1つであったりもします。

さて、起動してヘルゲン砦のチュートリアルを消化、グラフィックレベルや動きはニューマシンだけあってなかなかのもので、ノーストレスです。少し前のゲームだということもあり、これくらいは当たり前に動いてもらいたいところでしたが、問題なくて何よりです。

ゲームパッドの動きもなかなかのもので、特に問題なく操作に追従してきます。1000円ちょっとの安いモデルを買いましたが、いい感じです。

もっとアクションがシビアなゲームになると違いが出てくるのかもしれませんが、ひとまずよしとします。

さて、skyrimは説明するまでもありませんが、オープンワールドのRPGの名作との呼び声高い作品です。

つまり、何をしてもokということです。無理にメインクエストを進めていく必要はこれっぽっちもありません。好きなように生きればよいのです。

私は屋外の世界の探索をしながら風景を堪能するのが好きなので、そういった生き方をすることにします。途中襲ってくる蛮族を倒して装備を奪い、野山に生えている草をつみ、錬金術で薬をつくって当面の費用を捻出しつつ、ひたすら世界を放浪します。

途中いろいろなランドマークがみつかりますが、発見のみしておいてあとは後日。まずは世界の探索が私の最初の目標です。

といってもskyrimの世界はかなり広大です。一向に探索には終わりが見えません。 

来る日も来る日も世界をうろうろする生活が続きます。そうこうしている間に、鋼鉄もしくは鉄の装備で体を覆う事ができました。これで基本的な装備は大丈夫、といったところでしょうか。

武器は片手剣をチョイス。これと鉄製の重装防具で旅を再開します。このあたりのスキルを鍛えていきたいところです。

途中カニに遭遇すれば、修行のチャンス。やつらは攻撃力が低いので、わざと痛めつけられて「重装」スキルを上げることが、比較的安全にできます。

平行して、剣を持つのと逆の手では、回復魔法を装備します。カニの攻撃で失った体力をこれで補います。

最初は体力的な収支はマイナスでしたが、重装スキルが上がるに連れて、すこしずつ楽になっていきます。

これでレベルも8までアップ。

これまでクマなどに出くわすと、あっさりやられていましたが、これである程度対峙することもできるかもしれません。期待をこめて旅を再開します。