フリーランスと個人事業主という言葉が混同して用いられるケースが意外に多いようです。意味や使い方の違いについて整理しておきましょう。

フリーランスとは?

フリーランスは、企業や団体などと雇用関係を結ぶことなしに、独立して仕事を請け負う人の事をいいます。直接契約することで自分のスキルや知識を提供する事業の形です。

働き方のひとつの形態を表す言葉である、と考えてよいでしょう。

WEBデザイナーやIT系のプログラマー、カメラマン、イラストレーター、ライターなどさまざまな職種でフリーランスの形態で活躍する人がいます。どの職業がフリーランスにあてはまる、というわけではありません。

なお、名前にフリー(Free(自由))とついていることからも想像できるように、自由度の高さと、自分のスキルに応じて高収入も狙う事が出来る点はメリットとなるでしょう。

しかし、会社や組織に所属しない分、後ろ盾が全くないのもフリーランスの大きな特徴です。自己責任で物事を解決しなくてはならないなど、大きな責任を負う事になります。

また、全て業務に関わることを自分でやることになるため、仕事探し、営業、経理、マネジメントなどのたくさんの業務に時間を割くことになります。正社員で働くことと比べると、業務時間が増える傾向にあります。

フリーランスと一般的なサラリーマンとの働き方の大きな違いは、やはり「自分で仕事を探さなくてはならない」という点です。サラリーマンは会社から仕事を「与えられ」ますが、フリーランスは自らを必要としてくれる企業を探しだし、アプローチしなくてはなりません。

個人事業主とは?

一方個人事業主とは、法人を設立せずに、個人で事業を営む人の事を意味します。

一般的には、事業主とその家族での小規模な事業であることが多くなっています。

税務上の所得区分の一種です。そのため、フリーランスも個人事業主にあたりますが、個人事業主として事業を始めて、軌道にのったあと法人を設立する人もいます。