機密情報を保存するICカードなどの媒体に対して、正規ではない手段を用いたデータの読み取りを防ぐ能力を耐タンパ性といいます。

耐タンパ性を高めていくためには、2つのアプローチの仕方があります。

簡単に外部から解析できないよう、機密正を向上させる方法と、外部から読み取ろうとするとデータを破壊する方法です。

チップの表面が空気に触れると記録内容が消滅するメモリチップや、信号を読み出す装置を取り付けると動作できなくなる回路など、さまざまな工夫が施されています。