一般的に暗号を解読する試みを行う場合には、平文と暗号文を比較することで、何らかの法則性を見出そうとする手法が用いられことが多くなっています。

サイドチャネル攻撃とは、そういったアルゴリズムと正面から向かい合うのではなく、暗号を処理する装置自体から発生する電磁波や熱といった、副次的な情報から暗号解読の手がかりを得ようとする攻撃を意味します。副次的な要素を利用することから、「サイドチャネル」攻撃と呼ばれています。

サイドチャネル攻撃にはいくつかのパターンがあります。

タイミング解析攻撃

演算処理時間の違いに着目します。同じ演算でも処理時間が異なるように演算アルゴリズムを工夫する事で防ぐことができます。

電力解析攻撃

暗号処理中の消費電力の違いに着目します。コンデンサを挿入して電力消費量が均等になるようにすることで防ぐことができます。

電磁波解析攻撃

暗号処理中の電磁界の変動に着目します。

情報セキュリティスペシャリスト試験対策講座の目次はこちら