OP25B(Outbound Port 25 Brocking)とは、インターネット上を流通する迷惑メールを減少させるための取り組みのひとつです。

インターネット上で電子メールを送信する場合は、一般的にSMTPプロトコルを利用します。SMTPプロトコルでは、TCPの25番ポートを利用しますが、OP25Bではその名の通り、通信パケットのうち、TCP25番ポートあての通信をブロックします。これにより、ISPのネットワークから外部へのSMTP通信がブロックされるため、ISP外のメールサーバに対して直接SMTPで接続してメールを送信することが不可能になります。

しかしこれでは正常なメーラーからのメール送信もできなくなってしまいますので、メールを送る際はISPが用意したメールサーバを利用します。(ISPのメールサーバからは外部の25番ポートにメール送信が可能です)

また、ISPのメールサーバではサブミッションポート(TCP587番)と呼ばれるメーラーからの送信ポートを用意しており、OP25Bが実施されても、このポートを利用することで外部のネットワークから、契約しているISPのメールサーバを利用することは可能です。また、並行してSMTP認証も導入されていることが大多数となっており、より安全にメールを利用できる環境が今日では整っています。

迷惑メールを大量送信するボット感染したPCや、迷惑メールサービス業者はISPが用意しているメールサーバを利用せずに、独自に立てたメールサーバを利用したり、セキュリティの甘いメールサーバを中継したり、あるいは自分自身から直接外部のメールサーバに対してSMTP送信を試みます。

OP25Bでは、これらの形態の通信ができなくなり、迷惑メールの減少につながります。

情報セキュリティスペシャリスト試験対策講座の目次はこちら