計画の維持管理

組織と事業内容に変更があった場合は、当然計画も変更する必要があります。ここに抜け、漏れが生じた場合、実行的なBCPを行うことはとても難しくなります。

そのため、変更すること自体も適切に管理していきます。維持管理手順を通常業務にに組み込むため、変更管理手順を策定し、計画手順を定期的に更新するよう規定すると良いでしょう。

維持管理の枠組みの中で、前回解説したテストで見つかった問題は全て解決するプロセスを持つことも必要です。

なお、更新における責任の在りかがバラバラだと、統一された復旧までの意思統一がうまく図れなくなってしまう恐れがあります。そのため、更新責任を一元化しておく必要があります。

また、更新した内容を周知することも重要な要素の一つです。更新内容を関連するメンバーに定期的に報告しましょう。更新された文書の配布先リストを作成しておくことが有効です。その際、古い計画文書は回収、破棄することも徹底しましょう。有事の混乱の起因となりかねないからです。

また、BCPの見直し周期ですが、少なくとも年に一度は見直し、組織やシステムに大きな変更があった場合は、それを契機に必ず見直すようにルール作りを進めます。システムの更新頻度が高い場合、計画も頻繁に見直す必要がありますので、その点は留意しておきましょう。




BCPに関する意識向上

普段の業務遂行に追われている環境下においては、BCPについて考えをめぐらせることはなかなか難しいというのが実情だと思います。そのため、常に意識向上策を常に考えていないと、すぐに形骸化してしまう恐れがあります。

形骸化させないためには、経営陣みずからが意識向上プログラムと訓練プログラムをサポートすることがとても重要です。

また、訓練を行う事で、従業員が主体的に行動することを促すことができます。それにより、機能停止を予期した場合に回避できる可能性も高まっていき、よい循環を産んでいきます。

なお、有事にオペレーションを行う緊急オペレーションの対応者には特殊な訓練が必要になります。とても重要かつ危険な操作を実施しなくてはならないためです。安易な実施は大きな障害をもたらしかねません。操作者に求められるスキルとしては。フォレンジック操作やインタビュー危機管理などがあるでしょう。

長きに渡ってしまいましたが、BCPについての解説は以上となります。

最後にまとめですが、BCPは全員の意識向上とそれぞれにメリットを感じさせることが成功の要因となります。日頃の業務に組み込んで、定常化し、評価を行うメカニズムを経営陣を含めた組織全体で構築していきましょう。

目次
次回の記事へ
前回の記事へ