ブートローダとは、コンピュータの電源を入れたのち、オペレーティングシステム(OS)をメモリにロードするために必要なプログラムになります。ブートローダにはいくつか種類がありますが、現在のLinuxディストリビューションで主に利用されているのは、GNUプロジェクトにて開発を行っている、GRUB(GRand Unified Bootloader)と呼ばれるブートローダになります。
(グラブと読む事が多いですが、ジーラブとの発音も稀に耳にします)

また、それ以前の世代にLinux標準として利用されていたブートローダにLILO(Linux Loader)と呼ばれるものがあります。Linux標準とはいえ、ブートローダは一般に特定のOSに依存するものではなく、例えばWindowsのような他もOSも起動させることができます。また、LinuxとWindowsのデュアルブート環境なども実現することができます。

ブートローダは、マスターブートレコード(MBR)と呼ばれる場所に置く取り決めとなっています。このMBRはそれぞれのハードディスクドライブにおける先頭部分に位置します。

イメージとしては、コンピュータが起動すると、BIOSと呼ばれるプログラムが動作し、接続されているハードウェアが認識されます。これにはハードディスクドライブが含まれます。そして、次のステップとしてBIOSに認識されたハードディスクのMBRからOSが格納されているハードディスクの場所がわかるため、それを確認した上で、OSが起動していくというステップを踏みます。

当然ではありますが、LILOと比べて、新しく開発されたGRUBは高機能となっていますが、LPICのレベル1では多くの知識レベルを求められる事はありません。

設定ファイルのパスを覚えておきましょう。
GRUBの設定ファイルは、

/boot/grub/grub.conf

となります。
また、GRUBをMBRにインストールする方法も頻出ですので、おさえておきましょう。それには、grub-installというコマンドを使用して、ハードディスクのドライブを指定します。例として、/dev/hdaというハードディスクにインストールする場合は、

#grub-instal /dev/hda

となります。

現在では出題される傾向は低いですが、古いLILOについても簡単におさえておきましょう。

LILOの設定ファイルは

#/etc/lilo.conf

になります。
lilo.confを編集した後は、以下のコマンドにより、LILOの再起動を行い、改めて設定を再読み込みし反映させる必要があります。

/sbin/lilo