Wizardry 囚われし魂の迷宮をプレイ開始

Wizardry 囚われし魂の迷宮のプレイを開始しました。ちなみにVita版です。先日セールをしていたので、買ってみました。私はWizardry歴は結構長いのですが、クリアしたことは殆どないというニワカです。

現在試練の迷宮、シーインの迷宮ともに地下5階まで到達しました。
ここまでのプレイ感想を述べると、Wizらしさは十分にあり、クラシックなゲームだなあといった感じです。面白いですが、かなり不満点もあります。不満点を挙げていくと、

①プレイが単調

どの迷宮も、スイッチを見つけ出して、下への階段とエレベータへのドアのロックを解除するというパターンが延々と続きます。途中イベントなども一切なし。これはかなり潔い、武士のような作りです(。・ω・。)開発陣もかなり思い切りましたね。クエストもありますが、とってつけたようなものばかりで、数えるほどしか数もありません。

②宝箱がスカばかり

ということで、バトルとお宝探索がお楽しみ要素なのですが、そのお宝にも問題が。罠付き宝箱が空っぽのものが凄く多いのです。体感で5割以上は空っぽです。これはいけない。これなら宝箱をスルーしたくなってしまいますし、そうすると盗賊の存在意義すら無くなってしまいます。

EDVFlbKU0AcN_1Q.jpg

③移動はモッサリ

全体的に操作感はモッサリしています。これはかなりのストレスになります。普段はまだ許せるのですが、周囲の地形によっては、ものすごく移動のレスポンスが悪くなります。このゲームそんなに重い処理なんてしていないでしょうに・・

④キャラ絵とボイスがジャマ

まず驚かされたのが、キャラ絵が種族ごとに男女それぞれ一枚ずつしか収録されていません。つまり、人間の男を二人入れると、同じ顔になってしまいます。。これは最悪に近い仕様です。こんなことならキャラ絵なんていらないです。ロールプレイしづらくてたまりません。せめてキャラ絵のオフができればよかったのですが。
さらにはボイスも邪魔。これは好みによるかもしれませんが、バトル中に緊迫感のないトーンでしゃべったり、ドワーフが「ナムサン」などといったり、世界観がわけわからないです。幸いボイスはオフにできるので、速攻でオフにしました。

⑤UIがイケてない

UIも何とかしてほしいレベルの出来です。道具を買うときなど、キャラを順番に辿っていくことが多く、RLボタンでそれができるのはまあ、当たり前ですが、それだとGOLDを集めることができません。一個前の画面に戻らないといけないのです。後は、宿屋ですね。シリーズ伝統の馬小屋での休息ができるのですが、相も変わらずキャラ一人一人泊まるかどうかを選択しなくてはなりません。これは面倒です。改善するならこういうところから着手して欲しいです。

⑥レベルアップでMPが全快するから緊張感がない

レベルアップはシリーズ伝統の宿屋で行うのではなく、バトル後に即時上がるようになりました。それは良いのですが、レベルアップするとMPが全快します。これは探索の緊張感を大きく削ぎます。まあ楽で良いと言えばよいのですがなんだかなあ。また、HPの増加分もきっちり回復します。

以上、細かい不満点はこんな感じになります。これを改めて見ると、「面白いのかこのゲーム?」と思わなくもありませんが、それでもプレイを続けたくなる不思議な魅力があります。
飽きるまで、プレイは続けたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です