会話形式でわかりやすいRubyの丁寧な解説

Ruby技術者認定試験制度のゴールド試験を受験する目的で、こちらの本を購入しました。

メタプログラミングというタイトルのせいで、何を目的に書かれた本なのか、わかりづらいのが残念ですが、会話形式で、Ruby流のデザインパターンを意識したコードの書き方を、わかりやすく親切に説明してくれている本です。

デザインパターンのバイブル「オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン」を初めて読んだ時は、硬い文章が続き、最後まで読み終えることが出来なかったんですが、デザインパターンについての説明を、読者がストレスを感じないように、ここまでわかりやすく説明してくれた本は、私が知るかぎり、未だかつて、なかったと思います。

対象となる読者は、C++やJavaで一通りのオブジェクト指向やデザインパターンを学んだことがある人向けになります。私みたいなRubyの知識が乏しくても、はじめの数ページでRubyを使ったオブジェクト指向の基本(クラス、メソッド、継承、移譲)について、わかりやすい説明が書かれてますので、安心してください。仕事でJavaやC++でプログラムを書いている人であれば、問題なく読み進めることが出来ると思います。もちろんRubyの基礎があれば、この本でデザインパターンを一から学ぶことも可能です。

下手に「オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターン」を読むよりは、メタプログラミング「Ruby」の方が、わかりやすく、より実践的なので、おすすめします。最近は、JavaからRubyに移行するシステムが増えてきてます。Rubyが日本発祥の言語なので、メディアへの露出も多く、クライアントからRubyで作り直して欲しいという要望も多いです。

今現在、Javaで書かれたコードをRubyで書き直してますが、この本の内容に書かれている、メタプログラミングを意識して、Ruby流のデザインパターンが非常に役立ってます。

メタプログラミングRuby第2版 [ パオロ・ペロッタ ]

価格:3,240円
(2016/2/18 11:39時点)
感想(0件)