2月15日より株式会社アシストは、Ericom社製品を基盤とする仮想ブラウザ経由でインターネットを利用し、情報漏えいを防止するソリューションの新バージョン7.5をリリースしたことを発表した。

LL_img_1

ブラウザの画面転送の通信以外をすべてファイアウォールで遮断することによってセキュリティを強化するもので、「ダブルブラウザ・ソリューション」と銘打って、仮想ブラウザの実行プラットフォームとしてWindowsとLinuxに対応している。旧バージョンではWindowsのライセンスが不要となるメリットを有するLinux環境利用時の台数に100台という制限があったが、新バージョンでは数十万台規模に展開可能であるとしている。

(画像はプレスリリースより)

株式会社アシスト
http://www.ashisuto.co.jp/product/theme/virtualization/doublebrowser.html