(この書評は読者様からの投稿です。ありがとうございます)

私はWebアプリケーションの開発者としてかれこれ10年目ぐらいになる、中堅の開発者です。

以前と比べて、近年のWeb開発の現場は、コードを書く以外にも、覚えなくてはいけないことが、たくさんあります。特に自社で何かサービスを開発する場合になると、リリースして完成ということは稀であります。ユーザーからの意見を参考に、サービスを改善したり、競合相手との競争に勝つため、なるべく短いスパンで、サービスを改善するためにアップデートを続けていかないと、生き残ることは出来ません。




こういった現代の開発には、継続的インテグレーションの知識が必須となってきました。PHPの技術書をたくさん持ってますが、この本は、継続的インテグレーションのことに、焦点を当てて、書かれている、唯一の本となります。

テスト環境がないから、本番環境でファイルをリネイムして、テストするなんてことは、Webプログラマであれば誰でも経験があると思います。テストサーバーを構築するには時間やコストが掛かりますし、本番サーバーと同じ環境を作りたいけど、設定ファイルやライブラリのバージョンをメモしてなかったので、用意できないこともあると思います。

プログラムのソースコードも、きちんと管理しておかないと、どれがどのバージョンなのか、開発人数が多くなればなるほど、ソースコードの管理が重要になってきます。デプロイしてリリースした後に、不具合があった時にどのバージョンまで戻ればいいのか、バージョン管理しておかないと、サービスを止めて利用者に迷惑をかける事になります。

いざサービスが出来て、デプロイするときにFTPでファイルをアップデートしたら、エラーで動かないかもしれないので、デプロイするのが怖い、なんてことはよくあると思います。こういった不安や恐怖をなるべく、人の手でやるのではなく、システムで自動化して、プログラムのコードを書くことに専念することがっ出来る様になるには、この本の継続的インテグレーションの内容は非常に役に立つと思います。

初心者である程度コードが書けるようになったけど、現場で働くにはどうしたらいいのかわからない人にぜひ読んで欲しい一冊です。

CakePHPで学ぶ継続的インテグレーション [ 渡辺一宏 ]

価格:4,320円
(2016/2/8 08:47時点)
感想(0件)

CakePHPで学ぶ継続的インテグレーション【電子書籍】[ 渡辺 一宏 ]

価格:3,780円
(2016/2/8 08:47時点)
感想(0件)